多重債務とは?

既にある借金の返済や利息に充てるために、別の金融業者から新たに借り入れる行為を繰り返すことにより、借金が雪だるま式に増え続け、返済が困難になる状態を指します。

「借金問題は誰に相談したら良いのか?」という解決の糸口すらみえず、悩んでいる方  センターでは、多重債務の相談を受け、大分県弁護士会による相談会へのあっせんを行なっています。
 多くの借金に苦しむ人たちが、相談会を利用することで精神的に落ち着き、積極的に解決の方法を見出しています。
 返済のために、次々と借金を繰り返している方、一人で悩まず相談していただければ、きっと解決策がみつかるはずです。
 弁護士まで行かなくても、ちょっと話を聞いて欲しい、と言う方も是非ご相談下さい。
 また、その他多重債務に関する相談窓口も開設していますのでご利用下さい。

多重債務の解決法

多重債務に陥ってしまったときは、以下の4つの解決方法があります。
どれを選択するかは、資産状況や給与所得があるかないかによって異なります。

 多重債務の解決方法
方    法
内    容
長    所
注    意
適する条件
任 意 整 理
弁護士や司法書士が、借主の代理人として貸主と交渉し、借金の減額を図る。
和解が成立したら計画に基づき分割で支払っていく。
過払い金がある場合は返還請求ができる。
  • ・貸主の合意が必要
  • ・利息制限法で再計算した借金の返済が必要
  • ・借金総額が少額
  • ・利息制限法に基づいて計算すると過払金が発生している場合
特 定 調 停
簡易裁判所に申し立てて、調停委員の仲介による貸主と話し合いで返済条件等を変更し、経済的立ち直りを図る。 弁護士等に頼らず自分で申し立てをすれば、費用を抑えられる。
  • ・貸主の合意が必要
  • ・過払い金の返還請求ができない。
  • ・借金をしている金融会社の数が少ない場合
  • ・自分で裁判所に出向く時間がある場合
個人再生手続き
弁護士や司法書士に依頼し、裁判所を通じて借金を減らし、減額後の債務を分割で3年間支払っていく。
  • ・持ち家を残せる
  • ・貸主全員の合意を得る必要はない
  • ・手続きが複雑で、時間も費用もかかる
  • ・定期的な収入が必要
  • ・借金をしている金融会社の数が多い場合
  • ・給与等の定期的な収入がある場合
  • ・住宅ローンがあり、家を手放したくない時
自 己 破 産
裁判所を通じて借金を無くす手続き。
免責決定により債務を免れる。持ち家等の財産は失うが、借金はゼロになる。
  • ・債務は全額免除される
  • ・現金99万円までは残すことができる。
  • ・財産の清算が必要
  • ・免責決定までの期間、一定の職業には制限がある
返済の見込みがない場合

トップページへ戻る


チラシ

宇佐市ポータルサイト