主な問題商法・トラブル

種   類
商法・トラブルの名称
主な勧誘の手口・特徴と問題点
悪 質 商 法
点検商法 「点検に来た」「無料で点検する」と言って家に上がり込み、「布団にダニがいる」「このままでは危険」などと不安をあおり、商品やサービスを契約させる。
次々販売 言葉巧みに近づいて、消費者が一度契約すると、必要のない商品やサービスを次々と販売して過剰な量の契約をさせる。複数の業者が入れ替わり次々と販売するケースもある。
内職商法
(仕事の提供をするとうたっている場合)
「在宅ビジネスで高収入が得られる」「資格・技術を身につけて在宅ワーク」など勧誘し、高額な教材や内職教材を購入させます。しかし、実際には資格がとれなかったり仕事をあっせんしてもらえず、支払だけが残ることも。
モニター商法 「モニター募集」「商品を購入してレポートを提出してくれれば謝礼を払います」などと勧誘して高額な商品を購入させますが、連絡がつかなくなり支払だけが残ることも。
資格商法
(教材のみの購入)
「受講するだけで資格がとれる」などと勧誘し、講座や教材を購入させます。しかし、国家資格であったり、業者が作った資格で、故意に合格させない場合もあります。受講終了後も「受講は継続している」「解約手数料が必要」と新たに請求される二次被害も。
かたり商法 販売業者が有名企業や、市役所・消費生活センターなどの公的機関の職員またはその関係者であるかのように思わせて「義務になりました」「法律が変わりました」「今後は使えなくなります」と言った言葉で惑わせ商品やサービスを契約させる。
利殖商法 「必ず儲かる」「上場確実」「高配当」と利益ばかりを強調し、未公開株や社債などの金融商品の購入を勧誘してきます。
おくりつけ商法 商品を一方的に送りつけ、消費者が受取った以上、購入しなければならないと勘違いして支払うことを狙った商法。代金引換郵便を悪用したものもある。
福祉目的をうたい、寄附と勘違いさせて商品を買わせることもある。
キャッチセールス 駅や繁華街の路上でアンケート調査などと称して呼びとめ、喫茶店や営業所に連れて行き、不安をあおり、長時間帰らせないなどして商品やサービスを契約させる。
アポイントメントセールス 「抽選に当たったので景品を取りに来て」「特別モニターに選ばれた」などと販売目的を明らかにしないで、または著しく有利な条件で取引できると言って、電話や郵便で喫茶店や事務所へ呼び出し、契約しないと帰れない状況にするなどして商品やサービスを契約させる。
デート商法 出会い系サイトや間違い電話・メールで販売目的を隠して近づき、勧誘時に言葉巧みな話術で好意を抱かせ、それに付け込んで商品等を販売する商法。
マルチ商法 「だれでも簡単に高収入が得られる」と言って勧誘し、販売組織に加入させて商品などを購入させます。会員が新規の加入者を勧誘すると手数料が入り、自分が勧誘した加入者がさらに新たな加入者を増やすことで、どんどん手数料も増えていくとうたう商法。
催眠商法 「景品をプレゼントします」「健康に良い話をする」と言って人を集め、閉め切った会場で日用品などを次々と無料で配り、雰囲気を盛り上げ興奮状態にして、最終的に高額な商品を売りつける。
被害にあった人を勧誘
(二次被害)
以前契約した商品・サービスについて「解約してあげる」「損をとりもどしてあげる」などと電話で説明し、これまでにあった被害の救済を装って金銭を支払わせる。
当選商法 「懸賞金が当たった」「当選した」「景品が当たった」などと特別な優位性を強調して消費者をだまし、お金を支払わせる商法
インターネット・トラブル
ネットオークション 「代金を支払ったのに商品が届かない」「返品を受け付けてくれない」「相手先と連絡がとれない」といったトラブル。
ワンクリック詐欺 パソコンや携帯電話のアダルトサイトなどで、利用料金や利用規約を明確にせず、消費者がクリックすると即座に「契約完了」「料金請求」などと表示し、高額な料金を請求。
出会い系サイト 「友達になってほしい」「悩みを聞いて欲しい」「自分は芸能人でいろいろ相談にのってほしい」などのメールやメッセージを受け取ったことをきっかけに、有料のメール交換サイトでやりとりを繰り返し高額な利用料を請求されます。
フィッシング詐欺 銀行やカード会社などのメールを装い、消費者に偽ホームページにアクセスさせ、カード番号やID、パスワードなどを入力させて不正に個人情報を盗む犯罪です。
アフィリエイト 個人が企業と提携し、自分のホームページやブログに企業の商品広告を貼り、その広告がクリックされ商品が売れることで報酬が得られる仕組みです。
「解説書どおりに簡単な作業をすればすぐに儲かる」という宣伝文句にひかれ初期費用を支払ったものの、ほとんど収入もなく、その後あっせん会社とも連絡がとれなくなるケースも。
ドロップショッピング 商品を在庫として持たずに商品を販売するネットショップの経営です。
「在庫をもたないからリスクなしで儲かる」「ホームページを作れば、何もしなくてもお金が入る」という文句にひかれて契約。ホームページ作成の初期費用を支払い、サイトを開設したものの注文も、後のフォローも何もなく連絡がとれなくなる事も。
振込め詐欺
架空請求 手紙やハガキ、電子メールなどで、債権回収業者や公的機関などを装いさまざな名目で請求します。
還付金等詐欺 市役所等の公的機関の職員を名乗り医療費や社会保険料の還付金手続きのためにATMへ誘導して送金させます。最近では、スーパーやコンビ二のATMへ誘導することも。
オレオレ詐欺 突然電話がかかり、家族がトラブルに巻き込まれたことを伝え、解決方法としてお金を請求してきます。警察や弁護士を名乗り慰謝料や保釈金の請求をされたり、事前に家族の名を名乗り「携帯の番号を変えた」と連絡が入り本人と思い込ませることもあります.
融資保証金詐欺 借金返済に困っている人を狙い「低金利」「即日融資」「審査なし」「債務を一本化」などの宣伝文句で勧誘し、高金利で貸付をしたり、融資の保証金と称してお金を振込ませてだまし取る、返済をしないと暴力的な取立てをします。
債  務
クレジットカードの現金化 クレジットカードで商品などを買わせ、商品代金の一部をキャッシュバックしたり、買った商品を安く買い取って現金を融通します。一時的に現金が手に入りますが、それよりも高額なカードの支払に追われることになります。

トップページへ戻る


チラシ

宇佐市ポータルサイト